マウスのキャリブレーション

From GIMX
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of a page Mouse Calibration and the translation is 88% complete.
Outdated translations are marked like this.

Other languages: English 100% • French 100% • Japanese 88%

Contents

マウスのキャリブレーションをする前に

ゲーム内の感度を最高に設定してください。マウスのdpiも(選べるなら)一番高いものに設定してください。

キャリブレーションの開始

Calibration_1.png

gimx-bluetooth (または gimx-serial) を起動し、Output の項にある GUI にチェックを入れ、エミュレーションを開始してください。

Calibration_2.png

現在のマウス補正の設定が GUI 内の "Mouse calibration" に表示されています。
設定はコンフィグファイルから値が読み込まれます。
もし複数のマウスを使っている場合、必要に応じてそれぞれの設定を行うことができます。

全体的な手順

ctrl + F1 を押すと、補正の設定を開始します。

Calibration_3.png

F1 ~ F12 のキーでパラメータを選び、マウスホイールで値が変更出来ます。
もう一度 ctrl + F1 を押すことで、値がセーブされ補正設定を終了します。

段階的な手順

  1. 全ての値はマウスホイールで上下します。
  2. ctrl+F1で設定を開始します。複数のマウスを使っている場合は、設定するマウスをホイールで選択することができます。
  3. F2 : 設定するプロファイルを選択します。(通常は、プロファイル1を腰だめに、プロファイル2を ADS に使用します)
  4. F3 : X 軸のデッドゾーンを設定します。照準が自動で動くので、動かなくなるまで値を下げ、次に、動くようになる最初の値まで上げてください。
  5. F4 : Y 軸のデッドゾーンを設定します。 X 軸と同様に設定してください。
  6. F5 : デッドゾーンの形状を設定します。「矩形(rectangle)」に設定して照準が動くようなら「円形(circle)」を選択してください。逆に「円形」で動くようなら「矩形」にしてください。
  7. F6 : マウスの変換テストを行います。左右に照準が動くので、元の位置に戻るかを確認してください。戻らないようなら F7, F8 の設定に進んでください。
  8. F7 : X 軸の加速を設定します。
  9. F8 : Y 軸の加速を設定します。
  10. F9 : 感度を設定します。好みの動きになるよう値を設定してください。
  11. F10 : 円運動テストを行います。もし必要なら、 F10, F11 で円運動の半径と速度を設定してください。照準の動きが真円を描くようなら x/y 軸の比率は適切に設定されています。もしそうでなければ、F12 で比率を変更して下さい。wheel.
  12. ctrl+F1 で保存して終了します。

スムージング

過去の動きを元に算出し、マウスの動きを滑らかにするスムージング機能があります。 低DPI(2000以下くらい)のマウスのカクツキに対して有効です。 バッファサイズとフィルタ、この2つのパラメータでスムージング機能を設定します。 スムージングアルゴリズムの詳細はここにあります。

注釈

スムージングを適用させる前にパラメータを設定します。

バッファサイズ

バッファサイズは過去何個の動きをデータをして使用するか指定します(0-30の間で指定)。

 

過去のデータを使用するので、バッファサイズを大きくすると遅延が大きくなることに注意してください。

フィルター

フィルターは過去の動きが現在の動きにどれだけ影響を及ぼすか指定します(0..1の間で指定)。 フィルター係数=1は影響が一番強い状態、マウスの動きがバッファデータの平均であることを意味します。 フィルター係数=0.5は現在の動きが1だとして、1つ前の過去のデータは0.5、もう1つ前の過去のデータは0.25(=0.5×0.5)、以下0.5の累乗で過去のデータの重みが軽くなります。 フィルター係数=0はフィルターがかかっていないのと同じです。

注意

以下、気をつけるべき点をまとめます。

  • マウスのDPIは常に最大に設定し、エイムの調整はGIMXで行ってください(DPIでエイム具合を調整しないこと)。
  • ゲームでのセンシは常に最大に設定し、エイムの調整自体はGIMXで行ってください(ゲームのセンシでエイム具合を調整しないこと)。
  • OS(Linux/Windows)のマウスパラメータでエイム具合を調整しないでください。GIMXはマウスのrawイベントを使用しています(訳注:加速を切っている?)。
  • センシの編集はキャリブレーションモードを使ってください。キャリブレーションモードはx/y比をキープしています。。
Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Navigation
Toolbox
donate